祭りだ、祭りだ! 小樽のタウン誌「月刊おたる」7月号を読んでね。

小樽のあちこちで毎週のようにお祭りがあります。
そわそわしますよね〜、祭囃子が聞こえたりすると。

私はお祭り好きです。
そして、小さな頃から心の中に「お祭りスタンプラリーカード」があります。
ここまで書いてピンときた方は、私と同じですね。

招魂祭、水天宮、龍宮神社、住吉神社、そして潮まつり。幼い頃は、この5つの祭りを制覇しないと、すっきりしなかったものです。

月刊おたる7月号

「月刊おたる」7月号 小樽色々のコーナーに「心の中のお祭りスタンプラリー」というタイトルで書かせていただきました。お読みいただけると幸いです。
まずは、7月号の目次のご案内です。
そのあとに入手先の情報を紹介いたします。
『月刊おたる』7月号 (637号)26日発行。
・「フロンテア」橋の文化 宇城取汀
・「パレット」海岸線のいま―昔
・「おたるの人」
金谷敬子さん(「小樽ミルク・プラント」)
安藤純子さん(「やま安」)
竹内優子さん(「北海道の味ニポポ」店主)
藤元繭香さん(「キャロルガーデンズ」店主)
・エッセイ「夏、音楽、そして陽が昇る」黒松こころ
・「共賛商社」北一ヴェネツィア美術館
・「共賛商社」ニュー三幸
・「おたる・点線面」口利き 森元勝章
・「クローズアップ 人」加藤光彦さん(カトウサイン工芸代表・本誌表紙絵担当)
・「歳時記 花だより」アヤメ科の花 荻山喜子
・「写真と文による点描」浅賀正生
・「小樽ロマネスク」(掌編小説)ふり返れば波 赤井邦子
・「Photoコラム」塩辛、甘いか、しょっぱいか。 岡田明彦
・「おたる喫茶店物語」アルチザン 杉山あすか
・「エゾの浪うた情けうた」松ヶ枝久仁
・「やぶにらみ」ソフトクリーム 十文字一圓
・連載小説「小樽まぼろし」(第10回) なかじまとしひろ
・「小樽色々」心の中のお祭りスタンプラリー 杉本真沙彌
・「ここに泉あり」箏曲山田流 箏華会
・「男性コーナー・女性コーナー」爺の災難 小野昭八
・「あんてな」第51回おたる潮まつり
題字 濱田玄流
表紙絵 加藤光彦
発行人 森元勝章
編集人 藤森五月
印刷人 大橋明敏
印刷所 株式会社おおはし
発行所 株式会社月刊おたる
小樽市稲穂2丁目21-4 樽石ビル 電話0134-23-4530

下記の共賛店にて、読んだり、入手したりすることができますよ。
●かま栄●新倉屋●利尻屋みのや●あまとう●栗原蒲鉾店●(株)カネタ髙橋商店(釧路)
●水晶堂めがね●旗イトウ●石井ガクブチ店●北一硝子
●武蔵亭●おたるふる川●スマイルホテル小樽●ニュー三幸●青塚食堂
●喫茶 巴里●桂苑●籔半●日本橋●喫茶 2月16日●大和家本店●レストラン好●みやこ鳥●千成●やまちょう●喫茶 ルナパーク●喫茶 シャロン●政寿司●らーめん西や
●協同組合日専連小樽●樽石●小樽市観光物産プラザ(運河プラザ)●協和総合管理●ダスキンサーヴ北海道朝里支店●おおはし(余市)●熊澤歯科クリニック●ホンダカーズ小樽中央長橋店●中川畳店
●ヴィナス美容室●龍鳳●やま安●しゅあ●小樽MUSE
●北一ヴェネツィア美術館●小樽ミルク・プラント●北海道の味ニポポ(東京・新橋)●キャロルガーデンズ●カトウサイン工芸●喫茶アルチザン
(敬称略)

注)
なお、お店によって月が替わってから設置するところもあります。
多数支店があるお店は、支店ごとに設置されない場合もあります。
共賛店でも設置されない場合もあります。御了承ください。
書店では販売しておりません(人々が共賛店に寄られ、街を歩かれることを願っているため)。