『月刊おたる』12月号〜師走のコーヒーブレイクに

ついに、師走になりました。
「あー、忙しい」が口癖になり、頭の中でも「忙しい、忙しい」という言葉がリフレインしています。
ひょっとして、「忙しい」と考えているだけで、本当は忙しくないのかも、とか、
忙しいとい思う時間が大半を占めてるんじゃないかと、
コーヒーを飲みながらそんなことが思い浮かんだり、消えたりしています。

皆さまは、この師走をどんな風にお過ごしですか?

さて本題です。

小樽の手宮地区は、見るもの聞くもの全てが面白い! と私は感じています。
どこが? と聞かれても全てだから、全てと答えるしかないので、アレなのですが(笑)

11月に小樽商科大学主催の公開座談会「小樽のひとに学ぶ~手宮の歴史文化とまちづくり~」が手宮の寿司店千成さんで開かれました。
大勢の人々が集った熱いイベントに、改めて手宮が持つパワーを確信しました。

IMG_9959

『月刊おたる』12月号「小樽色々」に、手宮がキテる!~小樽商大主催の座談会に参加して~
というタイトルで書かせていただきました。お読みいただけると幸いです。

はじめに12月号の目次を、
そのあとに入手先の情報を紹介します。

『月刊おたる』12月号 (642号)27日発行。
・「フロンテア」女の一生 宇城取汀
・「パレット」ザンギリの風習
・「おたるの人」
羽立晃憲さん(「グランドパーク小樽」料飲部レストランマネージャー)
清水川洽二さん(「東京小樽会」会長)
渡会真英さん(「銘酒角打ちセンターたかの」)
木下佳子さん(「華乃」ママ)
・エッセイ「幻の停車場」檜谷登(富山市)
・「共賛商社」政寿司
・「共賛商社」あまとう
・「おたる・点線面」ペンいろいろ 森元勝章
・「クローズアップ 人」佐藤肇子さん(「小樽藤幼稚園」園長)
・「歳時記 花だより」柊 荻山喜子
・「写真と文による点描」浅賀正生
・掌編小説「小樽ロマネスク」雪ものがたり 星まゆみ
・「Photoコラム」北京の胡同 岡田明彦
・「おたる喫茶店物語」スカイラウンジ 城戸伸元
・「エゾの浪うた情けうた」松ヶ枝久仁
・「やぶにらみ」針供養 十文字一圓
・連載小説「海いろの翼」(第3回) 赤井邦子
・「小樽色々」手宮がキテる!~小樽商大主催の座談会に参加して~ 杉本真沙彌
・「ここに泉あり」ゴスペルクワイア小樽Sea of Grace
・「男性コーナー・女性コーナー」吾輩は爺である 小野昭八
・「あんてな」オールおたる年末年始大売り出し

題字 濱田玄流
表紙絵 加藤光彦
発行人 森元勝章
編集人 藤森五月
印刷人 大橋明敏
印刷所 株式会社おおはし
発行所 株式会社月刊おたる
小樽市稲穂2丁目21-4 樽石ビル 電話0134-23-4530

下記の共賛店にて、読んだり、入手したりすることができますよ。

●かま栄●新倉屋●利尻屋みのや●あまとう●栗原蒲鉾店●(株)カネタ髙橋商店(釧路)
●旗イトウ●石井ガクブチ店●北一硝子
●武蔵亭●おたるふる川●スマイルホテル小樽●ニュー三幸●青塚食堂
●喫茶 巴里●桂苑●籔半●日本橋●喫茶 2月16日●大和家本店●レストラン好●みやこ鳥●千成●やまちょう
●喫茶 ルナパーク●喫茶 シャロン●政寿司●らーめん西や
●協同組合日専連小樽●樽石●小樽市観光物産プラザ(運河プラザ)●協和総合管理●ダスキンサーヴ北海道朝里支店
●おおはし(余市)●熊澤歯科クリニック●ホンダカーズ小樽中央長橋店●中川畳店
●ヴィナス美容室●龍鳳●やま安●しゅあ●小樽MUSE
●銘酒角打ちセンターたかの●スナック華乃
(敬称略)

注)
なお、お店によって月が替わってから設置するところもあります。
多数支店があるお店は、支店ごとに設置されない場合もあります。
共賛店でも設置されない場合もあります。御了承ください。
書店では販売しておりません(人々が共賛店に寄られ、街を歩かれることを願っているため)。