初夏の小樽を感じる『月刊おたる』6月号

春先は桜で盛り上がった小樽です。
まもなく6月を迎えようというこの頃は、
ツツジ、藤、牡丹などが目に留まります。

そんな色とりどりの街の中で、私の心は控えめな花に占領されています。
街のあちこちにひっそり咲いているその花を追いかけているうちに、
これまで行ったことのない小樽の街角に立っていることもありました。

私が心惹かれている花はオダマキです。

なーんだ、と言わないでくださいね。
今回は、オダマキ倶楽部については書いていません。
オダマキの花の性格に合わせて控えめにしてみました(笑)
『月刊おたる』6月号「小樽色々」に、初夏はオダマキの街案内、というタイトルで書かせていただきました。お読みいただけると幸いです。

gekkanotaru201806

 

はじめに6月号の目次を、
そのあとに入手先の情報をご紹介します。

『月刊おたる』6月号 (648号)25日発行。

・「フロンテア」象徴 宇城取汀
・「パレット」海辺の勲章
・「おたるの人」
おがわとーるさん(FMおたるクリエイティブ・ディレクター)
金平敏夫さん(「カラオケ ルルル」マスター)
中村考志さん(「政寿司銀座店」店長)
其田澄子さん(「カラオケ そのだ」ママ)
・エッセイ「懐かしの我が母校…あの頃に届け」町村幸雄
・共賛商社「小樽市観光物産プラザ」
・共賛商社「おたる政寿司」
・歳時記 花だより「手宮線跡地の花」荻山喜子
・小樽色々「初夏はオダマキの街案内」杉本真沙彌
・「万華鏡フォトグラム」藤森五月
・クローズアップ 人「2018ミスおたる」
・「写真と文による点描」浅賀正生
・小樽ロマネスク「のぼ から ロコ へ」長屋のり子
・Photoコラム「梅は咲いたか桜はまだかいな」岡田明彦
・おたる喫茶店物語「新倉屋」髙橋京子
・「エゾの浪うた情けうた」松ヶ枝久仁
・やぶにらみ「難民」十文字一圓
・連載小説「海いろの翼」(第9回)赤井邦子
・ここに泉あり「小樽龍祭會」
・男性コーナー・女性コーナー「パンツの咄」小野昭八
・あんてな「岩下壽男 月刊おたる表紙原画展」
題字 濱田玄流
表紙絵 加藤光彦
発行人 森元勝章
編集人 藤森五月
発行 株式会社月刊おたる
小樽市稲穂2丁目21-4 樽石ビル 電話0134-23-4530
下記の共賛店にて、読んだり、入手したりすることができますよ。

●かま栄●新倉屋●利尻屋みのや●あまとう●栗原蒲鉾店●(株)カネタ髙橋商店(釧路)
●旗イトウ●石井ガクブチ店●北一硝子
●武蔵亭●おたるふる川●スマイルホテル小樽●ニュー三幸●青塚食堂
●喫茶 巴里●桂苑●籔半●日本橋●喫茶 2月16日●大和家本店●レストラン好●みやこ鳥●千成●やまちょう●喫茶 ルナパーク●喫茶 シャロン●政寿司●らーめん西や●パブ髙砂(東京目黒駅近く)
●協同組合日専連小樽●樽石●小樽市観光物産プラザ(運河プラザ)●協和総合管理●ダスキンサーヴ北海道朝里支店●おおはし(余市)●熊澤歯科クリニック●ホンダカーズ小樽中央長橋店●中川畳店
●ヴィナス美容室●龍鳳●やま安●しゅあ●小樽MUSE
●FMおたる●カラオケ ルルル(花園十字街そば)●政寿司銀座店(東京・銀座1丁目ポーラビル)●カラオケそのだ(花園十字街そば)

なお、お店によって月が替わってから設置するところもあります。
多数支店があるお店は、支店ごとに設置されない場合もあります。
共賛店でも設置されない場合もあります。御了承ください。
書店では販売しておりません(人々が共賛店に寄られ、街を歩かれることを願っているため)。